小林裕児2018年~2019年の予定

 

小林裕児と森

2018. 12月8日(土) ― 1月20日(日)
11時―17時 祝日を除く月・火曜休廊
※≪12月27日―1月4日は休廊≫

 

音楽と詩で楽しむ、小林裕児作品「帰去来」の物語

期日12月15日(土) 15時開演
会場 山の上ギャラリー
会費 3.500円(お飲物、お菓子付)
要予約  045-852-8855

  • ライブペインティング
    出演  小林裕児(即興によるペインティング)
    田嶋真佐雄(即興によるコントラバス演奏)
    笠井里美(詩のリーデイング)
  • 小林裕児作品「帰去来」の物語
    出演  田嶋真佐雄(作曲作品によるコントラバス演奏)
    笠井里美(詩と物語のリーデイング)

恒例になりました
小林裕児「干支ドローイング””亥”」
展示、限定販売いたします。

例年通り、紙上販売も行う予定です。

「或る時、大きな猪と出会った」

 

 

10-30(火)~11/11(日)ギャラリー憩 個展

ライブパフォーマンス

音楽と詩で楽しむ、小林裕児作品「帰去来」の物語

会場 ギャラリー憩 個展会場

11/2(金)18:00~

11/3(土)14:00~

料金 一般チケット ¥2500

限定10枚 小林裕児新作ドローイング付

申し込みは

☎090-9408-6827/gallery@yasurai.jp

ペインティング    小林裕児

リーディング     笠井里美(俳優)

音楽         田嶋真佐雄(コントラバス)

 

11/10(土)~20(火)

アートスペースカワモト(富山)「新たなる展望Ⅲ」グループ展

 

12/8(土)~25日(火)前期・2019・1/5(土)~27(日)後期 山の上ギャラリー個展

ライブパフォーマンス

日程未定

ペインティング    小林裕児

リーディング     笠井里美(俳優)

音楽         田嶋真佐雄(コントラバス)

 

 

12/15(日)~12/23(日)

小杉画廊「ターコイーズ展」芸大同窓展

 

12月 12日(水)~12月18日(×)「継の会」高崎髙島屋

 

2018年9月15日(土)~29日(土)

ギャラリー椿 小林裕児展 田園の秘密

 

 

10月12日(金)美術家連盟 小林裕児エンコスティック講座

※申し込みは美術家連盟まで 先着若干名


2017年作エンコスティック作品

 

 

2018年8月25日(土)

社会福祉法人 新生会 Human Art Life Care (HALC) Community Center 建築チャリティイヴェント

詩と音楽&絵によるパフォーマンス 原 慶子詩集「地上から天上愛に移る時」より

会場:新生会 桜が丘芸術ホール

群馬県高崎市中室田町2112

開場13:30 開演14:00~ 入場無料 会場準備のためご予約をお願いします

出演 リーディング笠井里美(俳優) 音楽 熊坂路得子(アコーディオン)

ライブペインティング 小林裕児

主催 社会福祉法人 新生会「HALC建築チャリティイヴェント実行委員会」

お問い合わせ・お申込み

新生会 HALCの丘 *Tel.027-374-1511*Fax.027-374-1510

http:/www.sinseikai.org/    E-mail  human-office@sinseikai.org

社会福祉法人 新生会

〒370-3347 群馬県高崎市中室田町5983

 

5/14(月)~26(土) 小林裕児挿画 原慶子詩集「地上から天上愛に移る時」原画展

詩は私に多くのイメージを与えてくれます。今回は原慶子さんの詩に触発されて描いた挿画のドローイング30点による個展です。
慶子さんは社会福祉で先進的な役割を担う新生会の理事長で、多くの著作がありますが、その詩作は、彼女の創造的で人間的な感性が横溢し魅力的です。

今回の詩集は愛に焦点を当て、慶子さんならではの愛の揺れ幅と洞察、そして昇華へとたどる過程を、清明で思索に満ちた言葉で表現しています。
会期中には詩と音楽のパフォーマンスを行います。絵と詩が出会う時間と空間を楽しんでいただけたら幸いです。

但 20(日)は休み11:00~18:30まで。(最終日は16:30まで)

檜画廊 千代田区神田神保町1-17 TEL03-3291-9364

http://hinokigarou.jp/web/

ギャラリーパフォーマンス

日時 5月18日(金)「言葉と音楽による詩のリーディング公演」

15:00~   17:30~  2回公演  要予約先着20名 入場無料

時間未定要予約20名程度

出演  リーディング 笠井里美(俳優)

音楽 熊坂路得子(アコーディオン)

 

6/16(土)~6/30(土) ゲタ箱展

大田原市芸術文化研究所
〒324-0206 栃木県大田原市中野内580
TEL: 0287-59-0004

 

4/17(火)~4/29(日)Bギャラリー 池袋

Bギャラリー 池袋 休廊:23日(月)開廊14:00~18:00 20日(金)は~21:00
28日(土)18:00~ギャラリートーク&パーティ

 

4/18(水)~4/29(日)第95回春陽展 国立新美術館

 


3/11(日)齋藤徹氏主催のワークショップ 13:00~ イズルバ

 

3/12(月)~3/25(日)始弘画廊グループ展 「弥生の空に」

 

 

Rita Yanny 小林裕児2人展「パストラル」

 

6/16(土)~7/1(日)大田原市芸術文化研究所「下駄箱展」

9/15(土)~9/29(土)ギャラリー椿個展

12月 (期日未定)山の上ギャラリー個展

 

 

2/11~2/28(水)studio LaLaLa 立川 「記憶の断片小林裕児展

 

2/24(土)15:00~コンサート&ライブペインティング Cl初爪恵一 他

 

 

小林裕児2017年の予定

 

 

小林裕児展

17to-taku DM

会期 2017年11月19日(日)~26日(日)
会場 ギャラリートータク
〒476-0002
愛知県東海市名和町1-93クレッシェンド小島ビル1F
TEL 052-601-8100

 

 

小林裕児と森展

17mitukosiDM

会期 2017年11月8日(水)~14日(火)
会場 日本橋三越本店6階美術特選画廊
(最終日は午後5時閉場)
TEL 03-3241-3311(大代表)

ギャラリーパフォーマンス
小林裕児ライブペインティング
11月11日(土)午後3時~ 入場無料
出演 小林裕児 (ライブペインティング)
熊坂路得子(アコーディオン)
齋藤 徹 (コントラバス)

 

 

第7回 北京ビエンナーレに今年も招待されました(4回目)

2017年9月24日~10月15日

 

小林裕児森へ向かう
初期のテンペラ時代から現在の大作まで

5727-(2)

株式会社ヤマト ギャラリーホール個展

〒371-0844
前橋市古市町118番地 TEL 027-290-1891
www.yamato-se.co.jp

 

2017年10月3日(火)~10月24日(火)
10月9日、14日、15日、21日、22日は休廊

ライブパフォーマンス 入場無料

開場:小林裕児個展会場内

出演:小林裕児(ペインティング)
熊坂路得子(アコーディオン)
笠井里美(ことば) 劇団あまやどり

10月8日(日) 開演 14時~

 

 

第18回 森の中の美術展

2017年10月15日(日)〜11月 26日(日)

中之沢美術館

〒371-0201  群馬県前橋市中之沢町249-14

営業:11時~16時
休業:12月~3月、営業中は月火水木休、定休日は予約で開館

☎ 027-285-2880

 

 

第5回 蔵と現代美術展 川越市蔵の街

kurajpg

kura2

kura4

 

 

 

 

小林裕児個展
7月1日(土)~12日(水)
宇都宮 ギャラリーインザブルー

アトリエの窓外に森が拡がっている、目前の小さな崖をヘビがくねり蝶が飛び交う、
かしましく鳴き交わす様々な鳥たち、蕨が手を拡げ山百合が咲き競う。
日々刻々さまざまな森の精気が知覚を刺激し、得体のしれない何かが体に満ちてくるのを感じる。

私の絵画はそんな風に始まるのです。

 

 

 

 

小林裕児個展 ドローイングとスケッチブック
6月8日(木)17日(土)
神保町 檜画廊

addressHINOKI

faceHINOKI

 

第94回 春陽展
4/19(水)~5/1(月)
国立新美術館

IMG_20170413_0002

 

 

小林裕児2016年の予定

ギャラリー椿
中央区京橋3-3-10〒104-0031
TEL03-3281-7808
2016/10/29(土)~11/11(金)

yuji-kobayashi-dm

yuji-kobayashi-dmb
ギャラリーパフォーマンス
11/5宮沢賢治作「土神と狐」

 

20161011_1

change-kumasaka

20161011_2

2016~2017髙島屋連続個展
パンフレットは出版物のページをご覧ください。
hyoushi

なんば髙島屋
2016/11/16(水)~22(火)
〒542-8510大阪市中央区難波5丁目1番5号
TEL:(06)6631-1101
dmtaka16

JR名古屋髙島屋
2017/2/1(水)~2/7(火)
〒450-6001 名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
TEL:(052)566-1101

高崎髙島屋
2017/2/8(水)~2/14(火)
〒370-8565 高崎市旭町45番地
TEL(027) 327-1111

 

 

GalleryK
2016/9/16(金)~10/10(月)
宮崎市神宮東1-7-25-102〒880-0056
TEL0985-74-5055

20160824_1

20160824_2
演出 広田 淳一
振付 ジャン・サスポータス
作曲・演奏 齋藤 徹

 

出演 内田 慈
ライブペインティング
小林 裕児

 

小林裕児 森から森へ
NPO法人 中之沢美術館 TEL & FAX 027−285−2880
群馬県前橋市粕川町中之沢249-14
1)開催期間:  2016年4月10日〜6月26日(日)
2)開館日時:  金・土・日・祝日 11:00〜16:00
3)入館料:   一般500円・小中生300円

5月15日(日)14:00~ ギャラリートーク with 須田真理(渋川市美術館学芸員)
6月26日(日)14:00~ ライブパフォーマンス
音楽と語りによる宮沢賢治「土神と狐」
語り/内田慈 作曲.演奏/齋藤徹 ライブペインティング/小林裕児 演出/広田淳一
Sample

 

6/16-6/22
GALLERY TSUBAKI REUNION
ーギャラリー椿35周年と古希を祝うー

 

第7回 和解と和合の日・韓展
会期:2016年8月4日~8月10日
時間:10:00~18:00
会場:栃木総合文化センター 2F 第3ギャラリー
〒320-8530 栃木県宇都宮市本町1-8

 

2016 ギャラリー椿 小林裕児展
10月29日(土)~11月12日(土)
会期中 ライブパフォーマンス
2016年春陽展出品の「帰去来」を描き進めて
出品する予定です。そのほか100号からSMまで
テーマに沿って描き進めています。

 

なんば髙島屋小林裕児個展
11月16日(水)~22日(火)まで
2017年2月1日からJR名古屋髙島屋
3月8日から高崎髙島屋へ巡回

2017年9月27日から三越本店
小林裕児個展

 

 

 

画廊 憩ひ 小林裕児展
5月10日~5月22日
〒840-0815
佐賀市天神2-25-25ニューセンチュリービル1F
TEL/FAX 0952-23-2353
e mail:gallery@yasurai.jp

IMG_2016042102

 

IMG_20160421_03

 

 

森から森へ

2016 中ノ沢美術館 何回目かの「小林 裕児展」に寄せて

森に囲まれた我が家を出て少し歩くと正面に赤城山を見据えることになります。大里郡
という地名のとおり典型的な関東地方の平凡な里山に棲んでいる僕は、広大な裾野を
持ってそびえる赤城山はちょっとしたあこがれです。

そんな山中にある中ノ沢美術館が1997年、2002年、2009年、そしてこのたびの4月から
と4回もの小林裕児展を企画してくれました。

美術館は、夜こそ鹿やイノシシ、熊やタヌキが見物しそうな野趣あふれる場所ですが、
実に人間味あふれる美術を愛してやまないすてき人たちによって運営されてきました。
NPO法人として20年も維持されてきた稀有なスペースなのです。

この美術館の大きな空間に絵を置くとなんだか絵たちも嬉しそうで、見る側に回った僕自身
も彼らと共にこの森との一体感を味わうことができるのです。

ここで自然とともに多くの方と出会い、狭くなりがちな視野を広く北関東全体へと見開いて
くれました。そこには都会とは一味違った独自な形で美術を楽しむ生活がありました。

今までに何回か開催されたこの森での時間と空間は少しずつ僕を侵食してきたらしく、
たとえば繰り返し絵の中に現れる森の草や木々を見ると、ずいぶん標高を高めてきていることが
判るのです。

おそらくは僕の絵の中に登場する者たちがここの清涼な空気に出会い、いつの間にか彼らが求めて
やまない何かに触れているのかもしれません。

もし時間が許せばみなさんもぜひ、この機会に森に向かって開かれた中ノ沢美術館を訪れてください。

そして小林裕児の世界に住む者たちの広場に入り込む、そんなひと時をお楽しみください

 

16NakanosawaA

16NakanosawaB

 

2016年 第93回 春陽展
於 国立新美術館
4月13日~4月25日

 

2016年1月15日(金)
音楽と語りによる宮沢賢治「土神と狐」
東中野ポレポレ坐

poreporeomote

poreporeura

 

森の神 小林裕児作品展 そごう横浜店6階 美術画廊
2016年1月5日(火)~11日(月・祝)

IMG_20151215_0002

 

IMG_20151225_0004

 

山の上ギャラリー小林裕児個展

20151201

20151201_1

‚Q

20151201_3
2015年12月12日(土)~12月26日(土)
2016年1月6日(水)~17日(日)  AM11:00~PM5:00まで
絵画・版画・ドローイング・小オブジェ
祝日を除く月・火休み

小林裕児の絵画と共に物語を楽しむパフォーマンス

音楽と読み語りによる宮沢賢治「土神と狐」   

ずいぶん昔この物語を読んでドキドキしました。

きれいなカバノキを挟んでの、土神と狐のサスペンス的やり取りや、ちょっぴり
出てくる木こりの意外性に驚かされたのですが、森や野を歩きながら言葉を紡ぎ
だしたと言われる宮沢賢治の姿がほうふつとさせられます。

私もまた、森の中でなにげない木にふと目を留めるときにすべてが始まるのです。

この物語が、私の絵の前で音楽と声によって現され、その時間と場を多くの方と
共有できるのを楽しみにしています。         

小林裕児

12月12日(土) 午後3時より

会場 山の上ギャラリー

出演 内田 慈(女優)

齋藤 徹(コントラバス奏者・作曲家)

演出 広田淳一(劇作家・演出家、劇団アマヤドリ主宰)

入場料 3500円(お茶とお菓子付)

会場の都合により予約をお願いします。

12日、一般の入場は14時までとなります。

申し込先

山の上ギャラリー

℡ 045-852-8855

午前11時~午後5時(祝日を除く月・火曜日休廊)

小林裕児

℡048-582-2484

2015/10/29(木)~11/8(日) みさき画廊小林裕児個展
油彩・木によるレリーフ・ドローイング・版画
計35点

2015/12/12(土)~12/31(木)
2016/1/6(水)~1/17(日)
12/20(日)リーディングパフォーマンス 宮沢賢治作「土神と狐」
出演 内田慈(リーディング) 齋藤徹(コントラバス)

yuzi_omote1

yuzi_ura2

20160105_a

20160105_b

2015/7 韓国 平昌(ピョンチャン)ビエンナーレ「あるとき」190×450cm 故紙にドローイング
2015/9 中国 PEIJIN(北京)ビエンナーレ 「夜行」273×350cm パネル/テンペラ・油彩

2015/10・29~11・8 みさき画廊個展(大分市)

小林裕児退任展
2015年5月30日(土)~6月21日(日)
多摩美術大学美術館
休館日 火曜日
会館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
入館無料

●レセプションパーティー
日時 16時30分~18時
会場 美術館B1多目的室

●ライブペインティング
日時 5月30日(土)14時30分~16時
会場 1F展示室 料金無料

●記念講演
本江邦夫氏(多摩美術大学教授) 料金無料
会場 美術館B1多目的室

〒206-0033 多摩市落合1-33-1  TEL042-357-1251
http://www.tamabi.ac.jp/museum/
交通 多摩センター駅 徒歩7分(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)

「Changing the Style, Unchanged gaze to the Human」

 

This time, I will hold the exhibition entitled “Changing the Style, Unchanged
gaze to the Human” (Yuji KOBAYASHI, 1968-2015) at the Tama Art University
Museum of Art.

When I look back to consider what stirred my muse, the bulk of the works were
inspired by admiration and interest in people, and were produced under
the literacy initiatives.

Oil, tempera, drawing and three-dimensional works. These indicate that I have
created a variety of styles from liberated and unregimented emotion. I created
the drama of conflict against the “lives” of humans. In this exhibition I will display
those artworks created before entering University and up until the present day.

 

I hope you’ll enjoy the whole story of Yuji KOBAYASHI.

post

 

21503001

201503002

2015003

2015004

201505

2015006

 

 

 

 

 

top
18th それぞれの「0」 10人の絵画
2015年2月2日(月)~2月7日(土)
銀座井上画廊
AM11時~PM7時(最終日はPM6時まで)
◎オープニングパーティー初日5時から

IMG_20150115_0002

IMG_20150115_0005

 

小林裕児2014年の予定

DMtotakuweb14

今年もまた干支の展覧会があります(12月15日~於山の上ギャラリー)申し込みは12月11時~
詳細は後日発表します。

未(羊)年に

南方熊楠の「十二支考」に古スウェーデン王国の飢饉を機知の力で救い後に王女になった
羊飼いの女性ジサ(ゴアともいう)の事が載っていました。

とかく羊の話は生け贄にされたり主体性に欠ける烏合の衆の代名詞だったりとどうもぱっとしません。
ところがジサは裸で帽子をかぶり片足を橇にもう一方の足を羊の背に載せて万策尽きた王宮に
駆けつけ王に知恵を授けるのです。

僕はこのたくましくも美しいジサと羊の物語を物語にはない話も創りだしながら描いてみました。

描く羊は大好きなクレイアニメ「羊のショーン」にも登場するガングロ羊のサフォーク種に定め
動物園にスケッチに行きました。

おでこをごんごんとたたいてやると、暖かそうな分厚い毛糸の服をまとい四角いまなこでこちらを
見つめ、旧知の友のようにメーと愛嬌をふりまきました。 

                          2014年12月 小林裕児

 

 

hitujinouta_3

 

 

 

hitujinouta-1to6ai

 

 

 

torazou

DM-kobayash01i

DM-kobayash02i

yomigaerinnoki

ギャラリー椿 2014年 小林裕児個展
「よみがえりの木」
2014年10月11日(土)~11月25日(土)
11月11日(土)
ギャラリーパフォーマンス
出演
歌  さとう じゅんこ
ベース セバスチャン・グラム 齋藤 徹
ペインティング 小林裕児

秋に向けて始動しました

2014.7.1

この春「よみがえりの木」(273cm×350cm油彩/テンペラ)と名付けた作品を制作した。

現在に至るまでまず描いたことのない構築物の中に群像を置いてみたのだが舞台設定の
構築物は昨年訪れたポーランド・クラコウ郊外のヴィエルチリ塩鉱の巨大地下空間を支える
梁や柱だった、描き出してみると絵画空間を横切る直線は画面と僕自身を支配し、思いも
かけない縛りを感じた。ある日必然のように画面には植物の群が出現し、描きながら呼気に
湿感を取り戻した。

地下闇のモチーフは必然的に強い光を求め一種バロック的な空間が成立した、暗さはふつう
青菫→藍→濃紺→漆黒とすすむが僕にとっては闇の中では先に見えなくなる臙脂を主体に
濃紺⇔臙脂(マルーン)の展開を考えてみた。人の循環的な生と死のサイクルは可視化された
深い闇の中でこそ生の意味を伝えるだろうから。

その闇の中に置かれた光源の下、少年と少女の間にまだあやうい樫の若木を置いた。

 

樫の若木を置いたその場所から今年の椿の個展は始めて見ようと思う。数年前から登場する少女、
少年や雲を掴む男、白鳥と共にいる男等のキャラクターたち、眠い町、青柳の話、カリブの森を孕んだ
物語など僕に隣接する日頃愛してやまない文学に寄り添いながら、光へそして闇へと漂いながら描いて
行きたいと思う。まあいつもと同じことを繰り返しの中から言葉の底へ降りて行きたいノデス。

1471_2

 

小林裕児個展
宮崎市 ギャラリーK
9月5日(金)→28日(日)

honnba2

韓国で2つの美術展に参加します。

9月17日→25日
「和解と和合の韓・日展」
ソウル 在韓日本大使館広報文化院
messenger

9月25日→10月5日
「和解と和合の東アジア美術展」
光州市 隠岩美術館(ウンアム美術館)
5870

7月19日(土)~8月24日(日)
北海道滝川市美術自然史館

小林裕児 コラグラフの楽しみ

大分以前から版画に手を染めてきました、恐らく20年以上になると思います。

版画専門の美術教育を受けていないので刷り師と呼ばれる人との共同作業です。
普段の絵画作品の制作はアトリエの中での個人制作でおおむね地図を持たない
山行きの心もとなさで息を切らして登り、道端に湧き出る清水や野草に感激し突然
思いがけず開ける視界に驚いたりしながら頂上(完成)をめざします。
しかし版画作品の制作にはそこに行ってみなければ見えない景色はもちろんあるの
ですが地図を頼りに刷り師と歩みます。そこが版画制作の楽しみでもあるのですが少し
窮屈でもあるのです、そんな中コラグラフに出会ったのです、コラージュ作品を刷り取る
技法で小学生の時にだれでもやった紙版画に近いものです、制作は道草の楽しみが
あり凹版凸版両方の特徴を併せ持ちます。版に糊付けするまでは自由に動かせるので
作りながらアイデアが次々湧き出してきます。気ままな散歩といった楽しみがそこには
あり机の上にゴミの山を作りながら楽しんでいます。

tskigawa
小杉画廊「開廊記念展」
2014年7月20日(日)~8月10日(日)

kosugigarou

画廊「憩ひ」
6月24日(火)~7月6日(日)小林裕児個展

6月24日(火)・25日(水) 小林裕児 来廊予定
14yasurai-dm

 

5月20日~ギャラリーヒルゲート(京都) 第5回青木繁「海の幸」オマージュ展
7月18日(金)~8月1日(金)第6回「海の幸」オマージュ展 【日・祝休】
永井画廊
中央区銀座4-10-6

 

10月11日(土)~10月29日(土)ギャラリー椿個展
ギャラリー椿

12月(会期未定)ギャラリートータク個展
ギャラリートータク

 

4月16日(水)~4月29日(火)
第91回春陽展 国立新美術館
10時~18時入場は17時30分まで 最終日は14時30分まで
22日(火)休館日
小林裕児「蘇りの木」273cm×350cm出品予定

煌(きら)なる惣展Ⅲ
4月16日(水)~4月28日(月)
11時~18時30分まで 最終日は16時半まで
22日(火)休廊
小林裕児「羽のある」S0号出品予定

4月30日(水)~5月6日(火)「小林裕児と騒がしい森」
JR名古屋髙島屋10階美術画廊

JR14500

 

小林裕児と騒がしい森

高崎髙島屋5階アートギャラリー※最終日は午後2時閉場
2013年12月25日(水)→2014年1月7日(火)AM10時~PM7時(土・日・祝は午後7時30分まで)
※1月1日(水)は休業日 1月2日(木)午前9時~午後7時30分まで
問い合わせ:直通TEL (027)330-3956
■1月5日(日)午後2時~展覧会場にてギャラリートーク

001
002
003

トラとゾウを守るチャリティー展を開催します

004
005

 

会期=平成25年12月4日(水)→10日(火)
※開場時間:午前10時~午後8時30分 ※最終日は午後4時閉場
会場=髙島屋大阪店6階美術画廊
〒542-8510 大阪市中央区難波5-1-5 TEL 06-6631-1101〈代表〉

ライブペインティング
12月7日(土)午後2時から
出演 小林裕児/齋藤徹(コントラバス)

IMG_0002
----------------------------
平成25年12月25日(水)→平成26年1月7日(火)
高崎髙島屋5回アートギャラリー
----------------------------
平成26年4月30日(水)→5月6日(火)
JR名古屋髙島屋10階美術画廊
----------------------------
平成26年6月10日(火)→16日(月)
髙島屋新宿店10階美術画廊

 

1YamanoueUMA 2YmanoueUMA

 

馬の話

少しだけ乗馬の経験がある。背にまたがるとトラック位の着座位置でかなり高い、手綱を引いて馬の動きに合わせ自分と馬の体をコントロールするのはなかなか骨が折れ次の日には大変な筋肉痛を味わった。ちょっとばかり慣れて高い位置の視界から周りの景色を追いやるようになると初心者の僕にも格別の爽快感を味わうことが出来た。

人類最古のショベ・ケーブには様々な動物が描かれている、そんな中で馬の描き方だけは格別でそれぞれ名前が付いていたのではと思わせられるほど個別に描かれている、我々はなんと3万3千年前からこの動物と親密にかかわって来たのだった、そして4頭立ての馬車で登場するギリシア神話の太陽神ヘリオスを生み、この動物への最大のオマージュであるガリバー旅行記の馬の国を出現させたのだった。

僕の描く馬たちもまた、この強く大きくもやさしい動物への敬愛の表明でありたいと願っている。

小林裕児

 

 

 

28日―30日  金沢美術大学講師

11月4日(金)~11月17日(日)金沢グリーンアーツギャラリー個展

10月15日    ライブペインティングの夕  上村なおか・ダンス  齋藤 徹 ・コントラバス  小林裕児・ライブペインティング

会場 金沢グリーンアーツギャラリー小林裕児個展会場内 出演 上村なおか 即興ダンス 齋藤 徹  コントラバスによる即興 小林裕児  ライブペインティング

dm2
作家挨拶
遠く、子供時代に過ごした武蔵野の広葉樹林から始まった森の記憶は、くねくねとした踏み分け路を通ってアトリエの窓外の森からイーゼル上の絵まで、延々とつながったイメージの連鎖を引き起こし、僕の画面上に様々な物語を紡ぎだします。  小林裕児
omote

ura

 

12月4日(水)~10日(火)

なんば高島屋個展 その後名古屋、高崎、新宿巡回

yujiKtani
「谷」2013年172cm×273cm

R0012362
「地下の森」F25 2013年

R0012358
「午後の海」F10 2013年

R0012354
「ブルーアイ」30cm×30cm 2013年

 

84日―19日   Akademia Sztuk Pieknych Lodziウッチ美術大学(ポーランド)International summer course for Artistic Printmaking

国際版画講座 サマースクール講師
R0012033

 

87日―17日   YUJI KOBAYASHI Dizela grraficzne GALEREA ODNOWA

「小林裕児 版画・ドローイング展」於大学付属ギャラリー

929日まで延長
R0012108

 

 

 

 

p001

p002

 

小林裕児展 土の部屋と出会う
2013/5月10日(金)~19日(日) 箱根菜の花展示室
〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本351-2 TEL0460-83-8166

IMG_0001

 

IMG

 

IMG_0002

 

IMG_0004

 

IMG_0005

 

IMG_0003

5月26日(日) 新生会パンフレットリニューアル記念イベント
音楽と語りで楽しむ小林裕児の世界「森からの声」

出演 齋藤徹 コントラバス
松下仁 役者
ハマカワフミエ 役者
原案 小林裕児
脚本・演出 広田淳一

会場:新生会 桜が丘芸術ホール 入場無料(送迎バスあり)
お申込み TEL 027-374-1511

sin

sin2

 

小林裕児個展4月19日(金)~24日(水)油彩、立体
杜のギャラリー曼陀羅 〒329-2501 矢板市上伊佐野709-40 TEL0287-43-9788

「森から杜へ」我家の裏山へ通じる道が整備されたというので標高差100メートル程を登ってみました。
秩父路の入り口の頂上からは榛名、穂高、赤城から日光連山が見渡せ曼陀羅はこの方向100キロかと、
ふとその間に在るはずの幾つもの森を想い描いてみました。私の絵の中にいつの頃からか草や木が生い茂り、
私の絵に登場する者たちも森あるいは杜の中に迷い込んでしまいました。
そしてその中から様々な物語が紡ぎだされてきたのです。どうぞ杜のギャラリーで小林裕児の世界をお楽しみください。

小林裕児

 

2/27(水)六本木スーパーデラックス 『目で聞く・耳で観る・身体で描く』

小林裕児ライブペインティングで出演

♦会場:スーパーデラックス(港区西麻布3-1-25 B1Fhttp//www.super-deluxe.com

♦出演:ジャンサスポータス(ダンス)+齋藤徹(コントラバス)+喜多直毅(バイオリン)+小林裕児

♦時間:1900 open / 19:30 start

♦料金:予約3000/ 当日3500円(ドリンク別)

♦予約03-5412-0515スーパーデラックスor048-582-2484小林裕児迄

13SDIMG

 

「それぞれの0」銀座井上画廊

2月4日(月)~2月9日(土)

sorezoreno013

 

「第5回 和解と和合の日・韓展」
The 5th Japan Korea Exhibtion of Reconciliation & Harmony

宇都宮市 栃木県総合文化センター2F第3ギャラリー

3月1日(金)~3月9日(土)

10:00~18:00(最終日 16:00まで)

 

「第90回記念 春陽展」

4月17日(水)~29日(月) 国立新美術館 地下鉄乃木坂駅直結 10:00~18:00 入場は17:30まで 最終日は16:00まで

後援=社会福祉法人NHK厚生文化事業団

4月           森のギャラリー曼陀羅

5月10(金)~19日(日) 「小林裕児個展」菜の花展示室

 

6月23日(日)~6月27日(木) 「埼玉ウィスコンシン美術家交流展」 文房堂ギャラリー

 

6月15日(土)~7月6日(土) 大田原街角美術館

 

8月  ウッチ美術大学(ポーランド)「小林裕児個展」

 

10月  グリーンアーツ「小林裕児個展」

 

12月4日(水)~12月10日(火) 「なんば高島屋 小林裕児個展」