第95回春陽展の制作過程を本年も公開します。

2018-01-16

20181/1/6 273×350cm パネル完成。

 

2018/1/14正月以来取り組んできた大きな構想がまとまる。
今年も家族の紐帯と解体をとして取り上げる。
ここ数年は夜のイメージだったが今年は白昼を舞台としたい。

 

1/15日制作開始、木炭であたりを取り始める。

制作の進行につれて制作過程をアップします。

 

目の前のあすなろの天辺にアオサギが留まっていた、参加してもらおうかと思う。

それにしても今年は寒い。

 

1/18  下描き完成 罫書き線を入れる(ダイヤモンド罫書き)

250番の紙やすりで表面を削り落とし平らな表面をつくる

 

1/23 油彩による下塗り開始、黄土、ライトレッドなど

 

1/27  下塗り終了、空、水、家の城等はそのまま残す予定。

 

「彼方・・牧歌劇」アフリカのタパ/ミックストメディア 98×140cm

1/29 二日ほど絵具を休ませるために4月開催のBギャラリーでのRita Yannyとの二人展出品のドローイング作品を制作、「パストラル」という共通のキーワードを設けたのになぜか渦巻く風の中さ迷う女性が・・・唐十郎の「秘密の花園」寺島しのぶの妖艶な…。

 

Bギャラリーは僕が敬愛するフランク・ロイド・ライト設計の自由学園に隣接しておりそれはRitaの住むマディソン(ウイスコン洲のキャピタル)がフランク・ロイド・ライトゆかりの地で彼の聖地と言われるタリアセンは郊外の豊かな田園の中に存在し、マディソン市内には数多くの住宅やユニタリアン教会などが残されている。僕自身森の精気を浴びながら田園地帯に住んでいることもありこのキーワードを設けた。

 

1/31計画にしたがってテンペラ緑土+チタニウム白絵具を置いてみた、なんとなく描いてみた背景の山の形が20年前に住んでいた五日市町(現あきる野市)の我家から西方に望見していた北条氏の出城があった城山の形に似ていることに気が付いた。

 

2/1五日市の「城山」を取材

この日月蝕も観察

 

2/3 テンペラバーントシェナで全体の明暗バランスをとる

 

 

2/5 6月大田原下駄箱展蝋型原型制作「二人」

 

2/6 Bギャラリー2人展蝋型原型制作「パストラル」

 

2/8 下手手前の樹木から描きはじめる何層にもわたって絵具を塗り重ね今回はハイライトまで描き入れた、

一部派の形態から自立した光の戯れを追う事になった。

 

2/14 上手前の樹木を描き終え遠方の山から描きはじめる。

 

 

2/14 Bギャラリー出品予定の作品の制作も始める

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2012 yuji kobayashi All Rights Reserved.

NO COMMERCIAL, PERSONAL, OR ELECTRONIC USE OF ARTWORK IS PERMITTED.